毛髪の根元、頭皮が赤い方必見!

毛髪の悩みは人にはなかなか相談ができない事ですが、原因は頭皮に関係しています。
一般の頭皮は白い事が正常ですが、赤い状態である事で血行が悪くなっているサインであり、
そのままにしておく事で抜け毛や薄毛の原因になってしまい注意が必要です。
頭皮が赤い原因として仕事が忙しくストレスや疲れがたまっている、
シャンプーが合わずに洗浄力の強いシャンプーの炎症や
間違った洗い方により環境の変化、
皮脂の過剰分泌による炎症や紫外線の炎症などと、
様々な原因で症状が出てしまます。

 

頭皮が赤くなる原因

頭皮があかくなる紅班(こうはん)が現れる原因をまとめてみましょう。

  • 頭皮に合わないシャンプー
  • 洗浄能力の強すぎるシャンプーの影響
  • 間違ったシャンプーの方法
  • カラーリングやパーマ剤による影響
  • 皮脂の過剰分泌
  • 紫外線による頭皮の炎症

大きく分類するとこの6つの種類が頭皮が赤くなる原因としてあげることができます。

 

このように原因を上げていくとシャンプーが影響して頭皮環境が悪化することが
3つもあることがわかると思います。

 

いいにおいだからとか、テレビCMで有名だから、好きな有名人が紹介しているからと
シャンプーを選ぶきっかけは個人差があるとは思いますが、大事なのは自分にはどうなのかの部分です。

 

強いカラー剤やパーマによる炎症などもあり、血行が悪くなっていたり炎症を起こしている事で赤くなってしまいます。
頭皮が赤くなってしまい血行が良くない事によって、髪の毛への栄養が届かなくなり髪が細くボリュームのない弱い髪質になり、抜け毛や薄毛の要因になります。
抜け毛や薄毛にはストレスや食生活、不眠やいつもとは違う環境の変化などと自分では気づいていないうちに、髪の毛へ悪い影響を与えてしまいます。
地肌を正常にする事によって髪の毛へ栄養を与える事ができます。
毎日の生活習慣の見直しやなるべくストレスをためない事、弱酸性や低刺激のシャンプーで優しくマッサージしながら洗う事などと、日々の生活の中で注意を行う事によって改善する事が期待できます。
洗浄力の強いシャンプーを使用する事で、頭皮の免疫力が落ちてしまい必要以上に水分や油分なども洗い流してしまうので、炎症にもなりやすく赤くなってしまう原因にもなります。
血行を良くする事で赤い症状もなくなり、髪の毛への栄養もしっかりと届ける事ができるため、ボリュームのある強い髪へと変える事ができます。
地肌が赤い事でフケやかゆみの原因にもなるため、健康的な髪へと近づくにはシャンプーの見直しや紫外線になるべくあたらないようにする事、力任せにゴシゴシと思い切り洗わない事などを気をつける事が重要です。
自分ではなかなか気づかないため、かゆみやフケが出やすくなった時や抜け毛が気になる時には髪の毛ではなく地肌をチェックする事が必要です。
赤くただれている場合などは自分では判断はせず、専門のクリニックなどで診察を受ける事をお勧めします。
間違った方法でケアする事で症状が悪化してしまう事があるため、あまりにも症状が悪い場合には専門のクリニックで治療を受ける事で効果のあるケアを知る事ができます。
髪の悩みには地肌を正常にする事が大切な事です。