頭皮のための髪の洗い方していますか?

薄毛予防、抜け毛予防のためには、生活習慣を見直す必要があります。不規則な生活をしている場合には、抜け毛が増えてしまい、薄毛の原因になります。また、運動不足による血行不良の場合も、頭皮にしっかりと栄養を行き渡らせることができずに、これも抜け毛増加の原因になります。
予防のためには、規則正しい生活習慣を身につけ、適度に運動をすることも習慣化することが重要です。運動をすることで、自身の代謝機能向上、脂肪燃焼にもなるので、肥満予防にもつながることでしょう。
また、頭皮の汚れや余分な皮脂を洗い流し、毛穴が詰まることを防ぐのも大切なことです。
洗髪をする時には、頭皮の洗い方をきちんとすることで、抜け毛を防ぎましょう。
頭皮の洗い方は、シャンプーを使用する場合、自分の体質にあったものを選びましょう。人によって、肌の体質が違います。敏感肌や乾燥肌の方もいるでしょう。そのような肌体質の場合には、刺激の少ないシャンプーを使いましょう。
また、髪や頭皮を洗う時に、爪を立ててゴシゴシと強くこすってはいけません。爪により、頭皮が傷ついてしまうことがあるためです。
洗う時には、爪を立てずに指の腹の部分をうまく利用して、あまり強くこすらないようにやさしく揉むようなイメージで洗うといいでしょう。適度に頭皮を刺激することにもつながるため、頭皮の血行をよくする効果も期待できます。
洗髪をする時には、お湯の温度にも注意しましょう。熱いお湯や冷たい水では、刺激が強すぎたり、頭皮の皮脂を落としすぎてしまうことがあります。皮脂は、肌を保護する役割もあるため、あまり落としすぎてしまうと、肌を保護するものがなくなり、肌が乾燥してしまったり、外部からの刺激を直に受けてしまうことがあるので、適度に洗いながすように心がけましょう。余分な皮脂や汚れを落としてしまえば、毛穴を詰まりをある程度予防できます。
洗髪が終わったら、水分をタオルで拭き取るといいでしょう。拭き取る時も、強くゴシゴシと拭き取るのは控えましょう。タオルもできるだけやわらかい素材を使用したものを使い、やさしく水分を拭き取ることで、肌へのダメージを与えずに、余分な水分を吸い取るといいでしょう。
お風呂あがりには、スキンケアをすることも大切です。お風呂に入った後は、肌から水分が蒸発しやすい状態のため、化粧品を組み合わせて、肌の乾燥を防ぎ、水分を与え、肌を保護することが重要です。