アスタリフトスカルプフォーカスの使い方間違えてません?

歳を重ねるにつれて髪にハリやコシ、ボリュームがなくなってくることを悩んでいる女性が増えています。ある調査では30?69歳の女性の83パーセントが加齢による髪の悩みを抱えているとの結果が出ています。そのため、いつまでも美しさを保ちたいと考えている人の間でアンチエイジング用のヘアケアは最近話題になっていて、いろいろな商品が発売されています。
その中で注目を浴びているのが富士フィルムのアスタリフトスカルプフォーカスです。アンチエイジングの化粧品としてよく知られているアスタリフトのヘアケア版です。
アスタリフトスカルプフォーカスは、シャンプー、コンディショナー、スカルプエッセンスの3種類から構成されています。この3つに共通しているのは、有効成分を髪や頭皮によりよく浸透させるためにナノ化という特殊技術でとても細かい粒子にした成分を配合していることです。シャンプーとコンディショナーには、髪の内部にあってハリやコシのもとになっているうるおい成分のヘアセラミドをナノ化したナノセラミドを配合しています。スカルプエッセンスは頭皮用の美容液で、頭皮の健康に必要なうるおい成分のグリチルリチン酸をナノ化したナノグリチルリチン酸を配合しています。エッセンスには化粧品にも含まれているアスタキサンチンや3種類のコラーゲンも配合しています。
つまり、アスタリフトスカルプフォーカスは、頭皮の環境を良くすることでハリやコシのある髪を生み出し、すでに伸びた髪にはうるおい成分を浸透させてハリやコシを再生することを狙っています。
このようにアスタリフトスカルプフォーカスには髪のエイジングケアにとって有用な成分が入っているものの、正しい使い方をしなければ髪や頭皮に成分が浸透せずに十分な効果が得られません。
シャンプーは、ぬるま湯で予洗した後で、シャンプーをよく泡だててから頭皮につけて指の腹でマッサージをする感覚で泡だてます。その後、上から下へ手ぐしをして泡を切り、頭頂部からよく洗い流します。コンディショナーは、軽く水を切った状態で髪全体になじませ、3分程度おいてから洗い流します。エッセンスの使い方はスキンケアに似ていて、朝と夜に使います。朝はスタイリングの前に、夜はお風呂上がりに水をよく切った後で使います。しっかりと分け目をつけてエッセンスを塗って、頭皮に揉み込むようになじませます。場所を変えて6本の分け目を作って頭皮全体に塗っていきます。
仕事や家事で慌ただしい毎日を過ごしているとしても、きちんと正しい使い方をしてアスタリフトスカルプフォーカスが持っている力を100パーセント引き出すことがアンチエイジングのために大切です。
富士フィルムのナノ化技術を使って製作されたアスタリフトスカルプフォーカスの詳細はこちらからご覧ください。