男女差から見る薄毛や抜け毛

薄毛や抜け毛というものは、一昔前は、男性の悩みの代表的なイメージがあったかもしれません。
しかし、女性も同じように悩みます。しかも女性の場合は、髪の毛の問題なので、とても深刻だったりもするんですよね。

 

これには女性が社会に進出して来たり、女性にも多くのストレスを抱えるようになってきたという時代背景もあるのですが、昔より確実に多くの女性が悩むようになってきました。

 

男性はわかりやすく、ハゲという部分で悩むのですが、女性の場合は髪の毛全体の問題として悩む傾向があり、ハゲというイメージではなく
ボリュームが減ってきたようなことに対して悩むという傾向があるんですよね。

 

同じ悩みでもこのように男女の差というものがあるんですね。
イメージの男女差は上記のようなものなのですが、では実際に薄毛や抜け毛自体の実態についても同じように見ていきましょう。

 

男性の薄毛の原因

男性の場合、薄毛や抜け毛というのは、多くの方は髪の生え際でもある前髪の根元から進行して、徐々に後ろへと進んでいきます。
それと同時に頭頂部が薄くなってくるというのが男性のケースで最も多いものなんです。

 

また、毛根部の細胞が、男性ホルモンに弱いという特性を持っているために、遺伝要素が関わってきます。
薄毛に直接遺伝が関わるというよりも、男性ホルモンが遺伝的要素があるために間接的に薄毛や抜け毛というのも遺伝の影響を受けてしまうというわけです。

 

また男性の特徴としては、額を中心にしてだったり、頭頂部から徐々に薄くなっていきます。これは、髪の毛自体が徐々に細くなっていって、
毛根から抜けてくるためで、結果として頭皮が完全に露見してしまいます。

 

女性の薄毛の原因

女性の場合は、 髪の毛の全体のボリュームがダウンしていきます。一か所だけというわけではなく、全体的に薄毛や抜け毛が進行していく傾向があるんですね。
男性とは違って、女性は髪の毛をしばったり、ヘアゴムで頭皮を引っ張るなどといった男性にはないようなストレスを与えることもあり、女性ホルモンの影響など
特有の原因があるんです。

 

男性よりも、原因がたくさんあり、それらが複雑にかかわってくるのが、女性の薄毛の原因と言えるでしょう。

 

また男性の場合は原因のほとんどが男性ホルモンによるものなので、一度抜け落ちた髪の毛が再び生えてきにくいということがいえるんです。
言葉は悪いかもしれませんが、イメージでも、「つるっぱげ」と想像したら、男性と女性どちらが思い浮かびますか?

 

女性の場合は様々な要因をもっており、特に女性ホルモンの現象によってのものでも、エストロゲンには毛髪を成長させる働きがあるために
減少したとしても完全になくなることはありません。

 

たしかに、女性の場合は閉経によって男性ホルモンが優位になることがあるのですが、男性よりは男性ホルモンの量はすくないんです。

 

そのため、男性と女性の薄毛や抜け毛の対策としての髪の洗い方やシャンプーの選び方には違いが出てきて当然なんです。