頭皮環境を整えるために女性の薄毛の原因を確認

女性が薄毛になる主な原因は、ホルモンバランスの乱れ・頭皮トラブル・無理なダイエット・加齢・ストレス・生活習慣の乱れなどが考えられます。
女性ホルモンの分泌量は、20代がピークで、それ以降は減少しますが、特に40〜50代は急激に減ります。
すると、ホルモンバランスが崩れるため、髪の毛のハリやコシがなくなり、人によっては抜け毛が多くなります。
市販のヘアケア商品の中には、合成の添加物や界面活性剤などを含んでいるものが多くあり、肌に合わないものは頭皮トラブルをもたらし、それが原因で発毛が抑制されることもあります。
食事制限が厳しいダイエットは、体に十分な栄養を与えることができないため、毛根部にも髪の毛の栄養分が供給されず、健康な髪を育てることができません。
年齢を重ねるごとに、ヘアサイクルも変化し、髪の毛が成長する期間が短くなります。
そのため、髪の毛の成長が遅くなり、髪質も変化します。
ストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れ、血行も悪くなるので、髪の成長を妨げます。
睡眠不足、偏った食生活、運動不足、喫煙などの生活習慣の乱れは、からだ全体の巡りを悪くさせます。
そして、髪質や頭皮環境に悪影響を及ぼし、薄毛の原因になります。
では、薄毛を改善するためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。
髪の毛の状態は、頭皮環境に左右されるため、頭皮環境を整えることが重要になります。
頭皮環境を整えるためには、まずは血行を良くすることが大切です。
頭皮には毛細血管が数多く存在し、栄養や酸素を毛根に運んでいますが、いくら髪にいい食べ物をとっても、血行が悪ければ、それは髪の毛の栄養にはなりません。
ですので、体を冷やさないようにする、適度に運動をするなどして、血行を促進するようにしましょう。
そして、頭皮も皮膚なので、顔の肌と同様に、毛穴が詰まっていたり、きれいに汚れを落としきれていなかったり、保湿がされていないと、トラブルが起こります。
低刺激のスカルプケア用のシャンプーを使い、汚れや皮脂を落として頭皮を清潔な状態に保つようにしましょう。
また、保湿成分や発毛や育毛に効果がある成分が含まれた育毛剤は、お手入れに取り入れたいものです。
育毛剤を使ってマッサージすると、血行が良くなり、有効成分が浸透しやすくなります。
育毛剤は肌に合わなければ、薄毛を悪化させる場合もあるため、最初は少量を試しに使うとよいでしょう。
多くの場合、薄毛はすぐに改善されないので、ある程度の期間、根気よく続ける必要があります。