女性の薄毛や抜け毛の代表的な原因

女性にとっては髪が命。この言葉は昔から言われているのですが、年齢とともに髪の毛のボリュームダウンや薄毛などは
深刻な悩みになっていきます。
産後の女性ホルモンの乱れや、ストレス、生活習慣の悪化、睡眠時間の不足、様々なものがそういった髪の悩みの原因と言われています。

 

では、具体的にどうやって、女性の薄毛や抜け毛は起こっているのでしょうか。
女性の抜け毛や薄毛というのは、分類として2つにわけられます。

 

一つ目は、短期的なもの。二つ目は年齢の増加による薄毛や抜け毛。
これらは原因が異なるので、まずはその悩みがどちらの原因なのかを知ることが大事になります。

 

短期間での薄毛や抜け毛の原因

この悩みの原因としてあげられるのがストレスと女性ホルモンの乱れです。
代表的な一時的な薄毛や抜け毛というのは産後の時期に起こるといってもいいでしょう。

 

またストレスに関して言えば、その影響で血管が収縮して、血流が悪くなり、その結果髪の毛の成長に必要な栄養が毛母細胞へと送られにくい状況ができてしまいます。
現代はストレス社会だと言われているのですが、そのストレスの原因も人によって個人差があり、多少なりとも抱えているストレスの対策も
髪の悩みの解決方法の一つなんです。

 

女性ホルモンの乱れに関しては、どうしようもない部分もあります。
妊娠や出産などは、女性の体の構造の問題になるので、そこに関しては予防のしようがありません。
しかし、その後の対策はできるために、女性ホルモンも抜け毛や薄毛に関して注意していきたいものです。

 

これらの結果、髪の毛に栄養が不足していき、毛自体が細くなったり、弱くなったりして、頭皮から抜けやすくなっていきます。
中には、髪の毛のケアをしすぎていたり、頭皮を清潔にと意識しすぎて、逆にダメージを与えてしまう場合もあります。

 

紫外線なども長時間浴びてしまうと、お肌に悪いのと同じように、頭皮の汚れを酸化させていったり、髪の毛のキューティクルにダメージを与えたりもします。

 

今までは女性も男性も、原因は遺伝だといった見方もあったのですが、
女性の原因はストレス、ホルモンバランスの崩れが主なものだということがわかっているので
正しいスカルプケアが必要になるんですね。