頭皮や髪のためにもヘアブラシを知ろう

健康的な頭皮は、ヘアケアでもとても大切なことでもあるので、普段髪の毛をセットする際や、髪の毛を洗った後にドライヤーで
乾かす時に使うヘアブラシというのも、大事なポイントになってくるんです。

 

今までただ単に髪の毛をとかすだけと、ヘアブラシはどんなものでもいいやと思っている方も
頭皮や髪の毛のために、自分の使う櫛をもう一度見直してはいかがでしょうか。
まずは、ヘアブラシと一言で言っても様々なタイプのものがあります。
ヘアブラシにはどういった種類があるのでしょうか。

 

ヘアブラシの種類

  • ロールブラシ
  • ハーフブラシ(デンマンブラシ)
  • ベントブラシ(スケルトンブラシ)
  • クッションブラシ
  • ウッドブラシ

 

一見皆さんが毎日スタイリングや髪の毛をとかすために使っているものに、これだけ多くの種類があるとびっくりした方も多いかと思います。
もちろん美容師さんが使う様な本格的なヘアブラシを使ったほうがいいよなんていいません。

 

しかし、これだけの種類のヘアブラシがあるというのは、それだけ用途に応じて使い分けたほうが髪の毛のためにも頭皮のためにもなるかもよという提案をしたいのです。

 

このヘアブラシを使うと髪の毛がつやつやになるよとか、聞くかもしれませんが、健康的な髪の毛は頭皮から成長します。
頭皮の健康化をして初めて髪の毛もつやだったりハリが復活してくるんですね。

 

では次はヘアブラシの基本的な使い方を見ていきましょう。
当たり前のように使っているブラシですが、もしかするとあなたの使い方は間違っているかもしれませんよ。

 

ヘアブラシの使い方

ヘアブラシの使い方は、使うシーンによって変わってきます。

 

シャワーやお風呂に行く前

シャワーやお風呂に入る時に髪の毛を洗おうとすると、下手な洗い方をすると摩擦やダメージなどで頭皮や髪の毛を痛めてしまう可能性もあります。
まずは髪の毛を洗う前に、ブラシで溶かしておく必要があります。

 

お風呂上りのブラッシング

お風呂上りでタオルドライ状態の髪の毛にブラシを通すと、髪の毛は切れ毛の原因になってしまいます。
ドライヤーで乾かした後でのブラッシングをするようにしていきましょう。