ヘアカラーの薬剤が頭皮に与える悪影響

女性に多く用いられているヘアカラーは、白髪染めだけでなく自分を演出するためにも広く使用されています。そこには髪の毛を好きな色に染めることができることや、最近の製品では価格が安いこと、また、色が長持ちするなどの様々なメリットがありますが、使用には注意点や選ぶ場合のポイントを理解しておくことが大切になります。
ヘアカラーは、製品や使用する人の頭皮によっては悪影響が出てしまうこともあり、注意が必要になります。髪染めは、きれいに仕上がることだけでなく、頭皮へのダメージに関しても把握をした上で使用する必要があります。一般的に知られている症状としては、頭皮のかぶれがあります。髪染めによるかぶれは、頭皮や髪の生え際、また、額などに原液が直接付着することで発生し、この場合、痒みを覚えたり皮膚が赤くなったり、場合によっては皮膚の炎症を起こすことがあります。そのまま放置をしたり、我慢して使い続けてしまうと症状が重くなり、進行した場合などでは重いアレルギー症状を起こしてしまうことにもなりかねません。万が一症状が現れた場合には、直ちに使用を止め、症状がひどいようであれば医療機関での診察を受ける必要があります。
ヘアカラーを使用する場合には、まず、パッチテストを行い、アレルギーなどの反応が無いかどうか確認をした上で使用する必要があります。アレルギー症状の発症には年齢による違いもあり、例えば、これまで症状が現れたことが無い人でも起こることがあります。理由の一つとしては、年齢と共に抵抗力が落ちてくることあり、事前に確認をすることが大切なことになります。髪染めを行った後には、原液は完全に洗い流すこと、また、洗髪などで必要異常に強く頭皮に刺激を与えないようにする必要があります。また、頭皮に傷を付けてしまうと、かぶれだけでなく、場合によっては抜け毛の原因にもなるために十分に注意をすることが大切なことになります。
ヘアカラーを選ぶ場合には、できるだけ頭皮への影響がない製品を選ぶ必要があります。髪染めでは、行うにあたって毒性が強いとされている成分があり、それは、ジアミンと呼ばれています。ジアミンは化学染料の1つで、発色剤の役割を持っていますが、発がん性やアレルギー性皮膚炎を起こす可能性があると報告されており、購入には成分を確認した上で行うことが大切なことになります。また、同様な成分として、パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンがあり、これらの成分もジアミン系の薬剤となっています。他にも、ラウリル硫酸塩などの合成界面活性剤があり、この場合には、体内のたんぱく質を壊してしまうために頭皮には悪影響を及ぼすことが知られています。