顔と同じように頭皮にも日焼け防止を!

夏はプールに海に、イベントが目白押し。もちろん、仕事でいろんな場所へ行っている方も多いと思いますが、ギラギラと照り付ける太陽の下でちょっといるだけで、いつの間にかうっかり日焼けをしているものです。肌への対策には気を付けている方も多いとと思いますが、頭皮のうっかり焼けにも注意したいところです。ここでは、頭皮が日焼けするとどうなるのか、アフターケアの方法についてしっかりとチェックしていきます。
では、まず頭皮が日焼けしてしまった場合に考えられるトラブルについて見ていきましょう。頭皮は太陽光が直接当たる部分でもあり、顔などの肌に比べて紫外線が直接当たりやすくなっています。そのため、長時間当たっているとヒリヒリとした痛みや赤みの症状が出てきます。時にはかゆみを伴うこともあり、その部分を掻いてしまうと皮が剥け、フケが発生する場合もあります。あまりにかゆみがひどく、その部分をずっと掻いてしまうと化膿してしまい、かさぶた状態になって抜け毛の原因になってしまうこともあります。また、紫外線が与える髪の毛自体へのダメージは大きく、枝毛や切れ毛、髪の毛の脱色などのトラブルも見られることがあります。そのため、あまり軽視せずに、しっかりと対策を行うことが必要です。
次に、日焼けをしてしまった場合のケア方法を考えていきたいと思います。まず一般的なのは、すぐに冷やすこと。水で濡らしたタオルを頭に乗せ、ヒリヒリとした痛みがある程度引くまで様子を見ましょう。赤みがある場合は、消炎作用のある化粧水をつける方法もあります。この場合はなるべく低刺激のものを選んでください。ヒリヒリとした痛みがやがて、かゆみに変わることがありますが、なるべく触らないように心がけます。ここでかいてしまうと炎症を起こし、もっとかゆみがひどくなります。どうしてもヒリヒリの痛みがキツイ、かゆみがひどい場合はすぐに皮膚科を受診しましょう。
また、シャンプーをする場合は優しく洗うことを意識し、こちらも低刺激のシャンプーを選ぶことが大切です。ヒリヒリとした痛みがひどい場合、シャンプーを水で薄めて使用すると、シャンプーの刺激が薄くなり、洗う時の痛みがある程度抑えられます。メントール系のシャンプーは刺激が強いので、使わないように注意しましょう。リンスやトリートメントは、痛みがある場合は控えておくと無難です。その他、ドライヤーを使用する際は熱風を近づけすぎないことが大切です。
このように、頭皮が日焼けしてしまうと、その分トラブルも多くなります。夏に外出する際は、しっかりと肌と同じくらい予防をしておきましょう。

 

海やプールなどのレジャーで楽しい時間を過ごした後 日中の日差しによって頭皮がヒリヒリと痛くなったことありませんか 顔や体の日焼け止めは誰もが 行うものなのですが頭皮の日焼け対策というのは意外と忘れがちなものなのですこういったものは適切な処理をしないと後で自分の髪の毛や頭皮の悩みの原因になってしまうので日焼けしてしまった頭皮の正しいお手入れの方法そして頭皮を日焼けを守るためにどんなことができるのかというのを知っておく必要があります。
まず日焼けしてしまった頭皮の正しいお手入れというものはひとつめに冷やす ふたつめに痛みが我慢できない場合は荒れてしまった場合は皮膚科や病院に行って 専門家の意見を聞くことにしてください痛みはあるけれどそれが我慢できないレベルではなくほんのちょっぴり感じる程度の場合は自宅でセルフケアが可能になります。
投資も顔と同じようにスキンケアが必要になってくるので顔に使っているスキンケアでもいいので頭皮にも化粧水をつけたあと乳液または乳液の代わりに椿油や尾びれオリーブオイルなども使ってケアしていくことが必要になります。
ただし最初に化粧水を使う場合その日焼けの具合によっては しみて痛みを感じる場合もあるので 顔のように大量の化粧水をつけるのではなく少しずつつけて様子を見て、ケアをしてください。
またメジャーに行った後頭皮に日焼けのダメージを負ってその日にシャンプーをする場合自分の頭皮に合ったシャンプーを使うことが必要になりますこれは出来る限り頭皮に刺激やダメージをより与えることなく 刺激の少なく ケアが可能な シャンプーやトリートメントを使うことがポイントになります。