遺伝が関係するの?髪の毛の問題

女性の薄毛や抜け毛というのは原因が遺伝にあるんですよ、って話はあなたは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ネット上でも遺伝が原因ですよとか、関係ありませんよとか、様々な意見があります。
なぜこういうように両方の意見があるのでしょうか。

 

これには理由があるんです。

 

特に女性の場合は、抜け毛の研究も男性ほど進んでいるわけではありません。

 

しかし、女性の薄毛などの原因は遺伝でもあるし、遺伝ではないというのがこの質問の回答になります。
漢方薬には育毛効果をうたっているものもありますが、効果を実感するということになると、しばらくの時間がかかることが多いでしょう。異なる体質のそれぞれに合わせて慎重に処方してもらうことが必要となるでしょうし、その使用を毎月続けなければならないとなると、金銭的な負担も大変になります。
副作用の心配があまりないといわれているのですが、途中で服用を中止してしまうこともよくあるので、半年以上は飲み続けるよう決めて服用することをおすすめします。

 

矛盾した理由になるのですが、遺伝とは、親が同じ抜け毛や薄毛で悩んでいるから自分もと疑いたくなるのはわかるのですが、
同じ生活をしており、同じ食事内容と、共同で生活している以上、そういった生活が似通ってきて当然なんです。

 

同じ屋根の下で暮らしているけれど、食事も生活習慣も違っている場合、
親が髪の悩みがあっても、娘も同じ悩みにならないことが多く、正確に原因というと、遺伝は関係ないんですね。

 

ただし、頭皮の環境や肌質が同じような傾向を持ちやすいのは事実なので、そこに生活レベルでどこまで悪影響を受けるのかという話になっていきます。

 

また、同じ生活環境にいると同じストレスを受けやすく、ストレスを受けやすいかとか、溜め込みやすいのかという部分は遺伝の関係を受けるんですね。

 

それよりもホルモンの関係のほうが女性の場合強くかかわってきて一般に男性ホルモンの量が多かったり、女性ホルモンが少なくなるなどの
バランスが乱れた場合、抜け毛や薄毛などのなりやすいそうですよ。

 

男性ホルモンは、毛根薄毛の進行を早める、毛髪周期自体を早める働きがあるので、ヘアサイクルも正しい周期にさせることが大事になります。

 

いまだ完全には遺伝と女性の髪の毛の悩みは関連があるのかどうかは、解明されていないのですが、
大事なのは正しいヘアケアをするかどうかなんですね。

 

そして女性の場合は、その原因が様々な多岐に及ぶものなのでひとつだけ注意すれば薄毛が改善するという事ではないんです。
だからこそ、自分の薄毛になっている生活習慣や睡眠不足、基礎代謝によるターンオーバー、頭皮の健康状態など
いろいろな面でしっかりとしていくことが重要になります。

 

このような話をすると、薄毛の対策としてそれだけ多くの注意点があると中にはあきらめる方もおられるのですが、
それらすべては薄毛だけの問題になっておらず、改善したら美肌や健康状態の向上、ストレスの低減など
様々なメリットが複数あるんです。

 

このうち、頭皮の状態をよくするということは、頭皮の皮膚に面している顔の皮膚にもいい影響を与えることが可能なので、
女性は大変だと思わずに、様々ないい影響をもらうことができるとプラスの考えでいることが重要になります。