頭皮は乾燥すると悪影響ばかり!

お肌が乾燥すると様々なトラブルが起こりやすい状況になっていきます。
フケが増えてくる、頭皮が引っ張られたようなツッパリ感がある、皮膚のバリア機能が弱っている状態だから外的要因を受けやすい状態である。

 

紫外線や空気の中にある汚れになるもの、発汗作用による皮脂、いろんなことを考えなくてはなりません。

 

そこで、このページでは頭皮の乾燥について一緒に見ていきましょう。

 

頭皮の乾燥で悩んでいる方は、その悩みの大きさにも個人差があり、病院に行かなくてはならないレベルの方もおられたり、
気にするほどのこともないような段階の方もおられるので、一般的な話を中心にしていこうと思います。

 

ただし、そういった方々でも、はじめは些細な原因を放置したり、知らなかったりして頭皮の乾燥をより招いてしまったという方も多いので参考にしてみてください。

 

頭皮の乾燥する原因

まずはなぜ頭皮の乾燥が起こるのか、その原因を見ていきましょう。

  1. 加齢による影響と、生活習慣の悪化
  2. シャンプーなどの洗髪時に気を付けるもの

頭皮の乾燥は、大きく分けて、この2つの種類の原因があります。
頭皮と言えども、顔に接している皮膚です。
顔のスキンケアを考えると、想像しやすいのですが、頭皮というのも生活習慣の悪化や年齢を重ねることででる影響を受けやすい部分なんです。
お肌という大きな枠組みで見ていくと、顔をしっかりエイジングケアするけれど、頭皮はしていないという方は多いんです。
昔はそれでもよかったのですが、最近はシャンプーの洗浄力が上がったり、朝シャンなどの習慣の変化によって、
かえって頭皮の乾燥を招きやすい状態になっていることも考えられます。
 また、シャンプーをしすぎたり、洗い方が強めで必要以上の頭皮の皮脂を奪っていることもあり得るので、そこの部分もみておきたいところです。

 

乾燥した頭皮が引き起こすもの

頭皮が乾燥することで、

  1. フケがでやすくなる
  2. 育毛剤や美容液のような頭皮ケアの商品の効果が薄くなる
  3. 髪の毛の栄養がうまく届かなくなってパサパサの髪の毛になりえる

このようなものが主に引き起こりやすいものと言えるでしょう。

 

乾燥している頭皮のケア方法

頭皮が乾燥する原因を見ていくことによって、普段自分が行っているスカルプケアが正しいのかがわかると思います。

 

乾燥状態にある頭皮のケアとして、多くの方が思いつくのが保湿と洗浄をしっかりと
意識することだろうと思われると思います。

 

しかし、頭皮の乾燥を防ぐためには、保湿も重要なのですが、保湿のためにと
やっていること自体が間違っている場合もあるんです。

 

そのキーワードは、常在菌です。

 

頭皮に限らず皮膚の表面には常在菌という菌類が生息しているんです。
その常在菌が頭皮に必要になる保護膜を作り出すので、
シャンプーなどのヘアケアで常在菌を殺菌するような成分が配合されていたり
育毛剤で鋸筋能力が高いものなどは、頭皮の乾燥をさらに招く可能性があるんです。