頭皮が臭くでもなんとかなる!

頭皮が臭いと悩んでいる人は男女ともに多いです。人間の体臭は自然なものなのである程度は仕方がないのですが、抑えられるものは抑えておくに越したことはありません。
また頭皮の匂いは男女だけでなく年齢も幅広いです。実は子供は代謝が活発なので、子供によっては大人以上の匂いを発することもあります。特に活発な男の子は走り回ったりして頭皮の皮脂分泌も活性化しているので、清潔にしておかなければ強烈なにおいになりがちです。
基本的に頭皮の匂いの原因は皮脂に殺菌が繁殖してしていることなので、皮脂を取り除いて頭皮を清潔に保つことが重要です。
そのためにはお風呂に入ったときに頭をきれいに洗う必要があります。しかし、洗いすぎによって必要以上に頭を乾燥させるとかえって皮脂の分泌を活性化させてしますことになるので、夜お風呂に入ったときにしっかり洗うようにすれば十分です。また濡れた髪を濡れたまま放置することも雑菌の繁殖の原因となります。頭を濡らしたあとはよく拭いてドライアーを使うようにすると良いです。
他には肉食中心の生活やストレスも皮脂の分泌を活性化させ、臭くなる原因となります。食生活を見直し清潔にしましょう。
匂いに無頓着にも過敏にもならずに、清潔感を意識することが匂い対策ということです。
具体的なシャンプーの方法ですが、頭を揉んでマッサージするイメージで洗います。血行促進と同時にきれいに洗うことができます。とにかくむやみにこすりすぎないということを意識すると良いです。またリンスやトリートメントは基本的に髪につけるものであって、肌に直接つけるのはよくないです。そのことは知っておかないと毛穴を詰まらせる原因になるので気を付けてください。長い髪の人であれば、毛先から痛んでいるところにリンスやトリートメントを使用しますが、短髪の人ははっきり言って必要ないです。
髪がよっぽど傷んでいるといったことでなければぜひシャンプーだけにすることをおすすめします。
体質にもよりますが、シャンプーの洗浄力が強すぎて乾燥肌を招いてしまうケースもあります。そういった場合は、アミノ酸系のシャンプーを選ぶことがおすすめされています。これは薄毛予防にもなります。しかし、現在アルカリ系のシャンプーを使っていて、問題ないようであればそのままでも構いません。アミノ酸系のシャンプーには洗浄力が弱いという欠点もあるため、アルカリ系の洗浄でちょうど良いのであれば、変える必要はないです。