頭皮のムレは健康な髪の毛には悪影響

これからどんどん暖かくなっていくに従って、少しずつ湿度も上がって頭皮が濡れやすくなっていきます。そうすると頭皮の環境が悪くなって、髪の毛が抜け毛が目立ち始めるといったトラブルに悩まされる人も多くなってくると言われています。実際に私の場合は、だんだん夏に向かって暖かくなってくると頭皮が濡れてきて少しずつ頭がかゆくなったり、ちょっとずつ抜け毛が目立ち始めたりしてきます。私が悩んでいるからというのとはちょっと違うのですが、今回はこのような頭皮環境の少しずつ暖かくなり始めてきた季節に対して起こりやすい頭皮トラブルについて少しだけ詳しく見てみようと思います。
頭皮が群れてくるとどのようなトラブルが考えられるかというと、基本的には湿疹や頭皮のかゆみ、毛穴が開いて、抜け毛が少しずつ目立ち始めるといったことになります。ですがその前にちょっと考えなければならないのが実は血液の質なんです。血液の質が良くないと間違いなく起こる事というのが実は毛根が痩せてしまうという現象なんです。皆さんは自分自身の抜け毛の毛根を自分で確認したことがありますか?実は抜け毛の毛根の形を確認すると自分自身の頭皮環境がどのようなもので、髪の毛がどのような育ち方をしているのか、そしてそれが健康な状態かどうかというところもわかってきます。毛根が痩せてくるとその分だけ抜け毛も発生しやすくなります。どういうことかというと、血液の質が悪くなったことによって血液に乗せて運ばれてくるタンパク質の量が少なくなってしまうんです。つまり原料不足のガス欠状態の髪の毛になってしまって、毛根がちゃんと大きく育ってないうちに次の髪の毛の生まれ変わりサイクルの抜け毛が起こる時期が来てしまうということになるんですね。そうすると、まだ十分に育ちきっていない髪の毛は髪の毛の質自体も細く弱いものになってしまいます。そうすると、たまに寒くなって空気が乾燥したような日になると、突如として髪の毛に静電気がバチバチと発生してしまい、髪の毛が逆らったりしてしまうということにもなってくるんですね。そしてもちろん当然の話なのですがスタイリングの言うことも聞いてくれなくなります。いわゆる猫っ毛やあほ毛といったようなものが頭のてっぺんにポンポンと目立つようになり始めるということになるんですね。そして毛根が十分に育っていないため、少しでも温度が暖かくなって群れてきて毛穴が開き始めると、その分だけすぐにするすると髪の毛が抜けてきてしまうということになってしまうんです。これを防ぐためにはどうすれば良いのかというと、血液の質を良くするということがキーワードになってくるんですけど、このキーワードをそのまま実践するには、糖質制限ダイエットが1番効果的です。糖質制限のダイエットを行うことによって血糖値が上がらない状態を作っていきます。あまりやりすぎると低血糖で頭の働きも悪くなってしまいますし、自分自身でもストレスが溜まってどうしようもなくなってしまうといった現象も起こってしまいます。ですので、ここはやりすぎないことが大切になるんですけど、そのちょうど良い加減といったところがなかなか難しいところではあります。基本的にダイエットで糖質制限を行うのですが、1週間で1キロ痩せるというのは明らかに痩せすぎだと思います。1週間で500グラムずつ痩せていくと言ったことができればそれが1番理想的ではないかなと思います。例えば具体的には、晩ご飯だけ糖質を取らないダイエットするといったような方法はやってみても良いのではないでしょうか。もちろんお昼ご飯や朝ごはんも少し量を控えめにして、トーストを食べている人だったらパンの種類を変えてみて全粒粉のパンに変えてみたりもしくはブランパンに変えてみるといったような糖質を比較的低く抑えることができるダイエット食材に変えていくというのも方法ですね。こうすることで血糖値が急激に上昇することを防いでいくと、当然ながら痩せていくことができるんですが、それだけではなく、血液が少しずつサラサラとしたものになっていきます。そうすると、赤血球に乗せて運ばれるタンパク質の量が増えていくので、髪の毛の毛根がしっかりとしたものに育ち始めるといったことが起こります。そうすると毛根も大きく太く育つので、それが抜け毛を起こしにくい髪の毛、そして太くてハリとツヤがある腰もある健康な髪の毛ということになるんですね。