妊娠中の髪の毛の抜ける原因や対策

妊娠中の妊婦さんの体には様々な変化が起き、その変化も個人差が大きいため、悩みの質や大きさも
なかなか他人にはわかってもらえなかったりもすることがあるんですよね・・・。

 

そんな妊婦さんの変化の一つに、妊娠中に抜け毛が増えるという方もおられるんです。
このページでは、そんな妊娠中の妊婦さんの抜け毛、その原因や対策、そして予防まで特集しています。

 

妊娠中は自分の体なのに、いろんな変化に驚くことが多く、一度出産を経験している方でも
二人目の時はこんなことがあったなどの口コミや体験談が多く寄せられています。

 

妊娠中に抜け毛が多くなってくるという方は少なくはなく、それらの原因からまずは見ていきましょう。

 

妊娠中の抜け毛の原因

妊娠中の抜け毛というのは、女性ホルモンの影響で、髪の毛の生えてから抜けるというヘアサイクルの
周期が変化することが直接の原因と言われています。

 

また、妊娠中という時期は、妊婦さんの栄養はお腹の中の赤ちゃんに優先的にいくので、
髪の毛や頭皮に必要になるエネルギーも十分に届かないという事も考えられると言われています。

 

この2つの原因から、もっと詳しく見ていきましょう。

 

女性ホルモンの変化が原因の抜け毛

妊娠中というのは、女性は出産に向けて女性ホルモンがどんどん変化していきます。
特にプロゲステロンというホルモンが活発になっていき、栄養や水分を体の中に貯めやすい働きをするので
むくみや体重の増加なども起こっていきます。

 

もちろん出産に必要なことなのですが、このホルモンは髪の毛などの成長も促進させる効果があるので
妊娠前の髪の毛の状態より、一本一本の寿命が長くなるという結果につながります。

 

通常のヘアサイクルでは、髪の毛が生えてから抜けるまでの循環の周期が変わってきます。
ヘアサイクルというのは、成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返して、
髪の毛が抜けたり、生えたり、成長したりするのですが、この中の成長という部分が通常は、
3〜5年と言われています。

 

しかし、妊娠中の妊婦さんは先ほど説明した女性ホルモンの変化によって成長の期間が一時的に伸びてくることになるんです。

 

これによってヘアサイクルが乱れて、抜け毛が多くなったり、逆に髪の毛が多くなった気がするという方が増えていくことになるんですね。

 

頭皮に必要なエネルギーが不足することによる抜け毛

頭皮に必要になるエネルギーは、髪の毛の成長や頭皮のターンオーバーなど様々な用途で使用されています。

 

しかし、妊娠中のエネルギーはお腹の中で成長していく赤ちゃんに対してどんどん注ぎ込まれていくので、
それらのエネルギーが不足することにもつながっていきます。

 

妊娠中の抜け毛の対策

通常の妊娠していない状態での抜け毛と異なり、この時期の抜け毛というのは原因があるんですね。
だからこそ、この時期ならではの対策を考えなければなりません。

 

  • たんぱく質やビタミンなどを中心として食生活でバランスのいい食事を心がける。
  • ストレスを抱え込まないように適度な発散を行う。
  • 頭皮環境を清潔にすることを意識する。

このようなことが妊娠中の抜け毛の対策として必要になっていきます。