梅雨の時期の頭皮ケア

梅雨は雨が多く、じめじめしたシーズンでなかなか洗濯物も乾かなかったり
この時期が嫌いな方も多いのではないでしょうか。

 

くせっ毛の方は、梅雨になると毛先がまとまらないとか、せっかくセットした髪の毛が乱れるなど
髪の毛への影響も多い時期ともいえます。

 

このページでは梅雨の時期の頭皮ケアについて特集していこうと思います。

 

梅雨の時期の頭皮の状態

頭皮ケアを考えるうえでは、頭皮の状態をまずは知る必要があります。

 

梅雨は湿度が高く、日照時間も少ないので紫外線などの影響は少ないように感じるのですが
頭皮はどういった状態になっているのでしょうか。

 

梅雨というのは湿度の高い状態にあり、また春と夏の季節の間なので、気温も高く、
頭皮に汗をかきやすい時期と言えます。

 

さらに汗をかいた頭皮は、そのままの状態だと雑菌が繁殖しやすい環境になり、
臭いや頭皮トラブルの原因となっていきます。

 

梅雨による湿度などは雨や汗そして皮脂の過剰分泌によって頭皮にいる雑菌の一つであるマラセチア菌が異常繁殖することでより悪影響な環境になってしまいます。
このマラセチア菌というのは必須を餌として脂肪酸を頭皮に排出します。
通常は異常繁殖することはないのですが湿気が多く梅雨の時期というものは汗だけではなく機種も多く分泌されてしまうので結果頭皮には脂肪酸が多く残りそれが原因となって痒み赤みなどを引き起こしてしまいます。
また 最近の雨というものは空気中の多くの化学物質が含まれていると言われているので 頭皮が濡れたままの状態で過ごしてしまうと その飴に含まれている汚れても頭皮の毛穴を塞いでしまいさらに悪い環境になっていきます。
また梅雨時期じゃなくてなくても乾燥と湿度の高い部屋を行き来したり外気の温度差があるようなシーズン2にも同じように頭皮の乾燥や頭皮のかゆみ頭皮のべたつきなどが起こりやすい時期とも言えます。

 

つまり、こういった環境自体が頭皮環境によろしくない状態ともいえるんです。

 

梅雨の時期の髪の毛の状態

梅雨の時期は髪の毛のセットが難しいとよく言われますよね。
これは髪の毛の中のキューティクルが湿度とかかわって再結合してまっすぐの状態ではなく
段違いの状態でまとまってしまうために、髪の毛がストレートの状態でいられなくなるためです。

 

職場や家の中ではエアコンで湿度は管理されて、外に出ると高い湿度にさらされる髪の毛というのは
高湿度と低湿度を繰り返されることによってストレスを感じてしまいます。

 

 

梅雨の頭皮ケア

では梅雨の時期の頭皮ケアというのはどういったものを行えばいいのでしょうか。

 

先ほども説明したように梅雨というのは雑菌の繁殖をなんとかするというのが
頭皮ケアの主な項目になってきます。

 

  • シャンプーやトリートメントの洗い残しに注意する
  • ドライヤーで汗をかかないように最後に冷風にする
  • 脂質や糖質に注意する

 

頭皮の雑菌対策としてもこの3つのポイントはしっかりと注意しておいた方がいいでしょう。

 

シャンプーやトリートメントの洗い残しは雑菌や細菌などの栄養源となってしまいます。
しっかりとすすいで洗い残しを無いように注意したいところです。

 

ドライヤーで乾かすことは雑菌の繁殖を抑えるために必要なのですが、最後に冷風で冷やしてやることで
頭皮に汗をかかせないようにする工夫も取り入れましょう。

 

食事面からでも糖質や脂質をとりすぎると、必要以上の汗皮脂分泌を招いてしまいます。

 

梅雨には梅雨だからできる頭皮ケアあなたも始めてみませんか?