夏のダメージのもとになる頭皮への影響

夏は海水浴、プール、バーベキュー、お祭り、花火などアクティブなイベントも多くある素敵な時期です。
そんな夏は頭皮や髪の毛に対して、ダメージになり得る原因がたくさんあるのをご存知でしょうか。

 

夏の頭皮や髪の毛のダメージをケアすることをこのページでは特集していこうと思います。

 

夏の頭皮や髪の毛のダメージはどんなものがあるのかみていきましょう。

 

夏の頭皮ダメージの原因

  • 強い紫外線
  • エアコンなどによる頭皮の乾燥
  • 食生活
  • プールや海水浴などの塩素や海水
  • 頭皮の汗

 

主な夏の頭皮ダメージを上げてみました。
紫外線は外出時だけではなく、家の中まで入ってくるので、仕事中でも窓に近いなどという場合は注意が必要になります。

 

夏の暑さにエアコンはとてもありがたい存在なのですが、髪の毛や頭皮に対してはうるおいを逃がす原因になったり、頭皮の乾燥を招くことにも
つながってしまいます。

 

食生活は、暑さから体を冷やす食べ物をたくさん食べるようになっていると、髪の毛の成長を阻害したり、頭皮のターンオーバーも悪影響を受けることになります。

 

プールや海水浴は、その後しっかりと頭皮や髪の毛を洗わないと、塩素や海水の成分が付着してキューティクルがはがれる要因になったり、
髪の毛の水分や油分などを必要以上に奪ってしまう事にもなってしまいます。

 

頭皮の汗も、暑い場所やエアコンの効いているオフィスなどといったような温暖差によって、いつの間にか頭皮に汗をかいている状態になっています。
頭皮の汗は、細菌、雑菌などが繁殖しやすいので、頭皮の臭いなどにもつながり、やはりケアが必要になってきます。

 

夏のダメージに頭皮ケアは何ができる?

夏の紫外線や汗、エアコンなどの頭皮への影響を考慮するとどんなケアができるのでしょうか。

 

  • 頭皮にやさしい成分のシャンプーを使う
  • トリートメントや美容液で頭皮にしっかりと栄養を補給する
  • ドライヤーにも気を遣う

この3つのポイントが夏の頭皮ケアとして必要になってきます。
もちろんサロンや美容室などのヘッドスパなどもあるのですが、自宅で手軽にできるという意味で考えると
この3点が頭皮ケアとしてあげることができるんですね。
頭皮というのは正しいケアをしていないと雑菌が繁殖してにおいもでてくるので、その前にしっかりと対処しておきたいものです。