食生活を見直して抜け毛予防

女性の薄毛や抜け毛の原因にもなっている栄養不足。
その栄養不足をまねている一つの要因は、食生活があげることができます。

 

普段忙しい生活を送っていると、ついついそんなに栄養のことまで考えなかったり、お酒の機会も増えて、食事はあまりこだわらないという方も増えてきました。
これは男性に強い傾向だったのですが、最近は女性でも同じように食生活が不摂生になっている方も増えてきました。

 

また食生活が欧米傾向があるように、魚や野菜中心の日本食が、お肉中心の食事になっている方も多く見かけます。
女性の社会進出もあって、手軽にお昼を済ませるというという方も増えて、ファーストフードをよく利用している、または過去によく利用していたという方も
お肉中心の食事になっていたりします。

 

このお肉中心の生活というのが、薄毛や抜け毛を招いている原因になっている可能性があります。

 

お肉中心の食生活は、動物性たんぱく質を多く摂取する傾向にあります。
動物性たんぱく質は、人間には欠かせない大切な栄養の一つで筋肉を作ったり、体を動かすための脂肪(エネルギー源)にもなりやすい傾向があります。
しかし、動物性のたんぱく質はとりすぎると内臓脂肪にもなりやすく、内臓の負担になり血液の流れも悪くしてしまうので、
頭皮の血行が悪くなったり、必要な栄養が届かなかったりすると、かえって薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

 

よくポテトチップスを食べ過ぎたら鼻を中心に脂ぎったりしませんか?
頭皮も同じように、油分の多い食生活を送っていると頭皮の皮脂の分泌も多くなっていくんです。
たしかに頭皮にとっては保護のためにも皮脂は必要なのですが、多く分泌されている状態にあると、
抜け毛が増えたり、健康的な髪の毛の発育に悪影響も考えられるんですね。

 

また乱れた食生活は、血液をどろどろの状態にするので、血液の流れも悪くなり頭皮への栄養も十分に届かないようにもなるんです。

 

そして日本は醤油をはじめ、みそなども調味料としてもよく料理で使う機会が多くあります。
発酵食品は体にいいとよく言われているのですが、大事なのはその中に含まれている塩分を摂りすぎないことなんです。
塩分のとりすぎは動脈硬化を引き起こしたり、血液の流れを悪化させる効果があるので、結果頭皮に必要な栄養がいかなくなったりすんです。

 

よくバランスのいい食事を心がけてくださいと言われると思いますが、まずは自分の食生活を見直していくことも
薄毛対策や予防に必要なことなんですね。

 

次のページで、髪の毛に有効な食べ物とはどういったものなのかを開設したので、そちらも合わせてご覧ください。

 

髪の毛に効果のある食べ物