髪の成分から育毛に必要な食べ物

薄毛の対策や予防というのは、健康的な髪を育てることにあります。
当たり前のように思えますが、この当たり前のことに悪影響を与えることが日常の生活にはとても多くあり、
結果として薄毛や抜け毛などの症状につながっていってしまうんです。

 

このページでは健康的な髪の毛を育てるためにどんな食事をすればいいのかを中心に特集しようと思います。

 

まずは髪の毛がどうやってできているのか、その成分から見ていきましょう。
成分がわかっていないと、なぜその食材が髪の毛に有効なのかわからないので、まずは基本から見ていきます。

 

髪の毛の成分

髪の毛というのは、約90%がケラチンというたんぱく質の一種からできており、残りは水分やメラニン、脂質などで形成されています。
ケラチンというのは、タンパク質の一種ですが、18種類と言われているアミノ酸の結合したものをまとめて呼ぶ総称です。

 

人間の爪なども同じくケラチンが主成分になっており、髪の毛も同じような構造になっているのは、人間の体のつくりの面白さでもありますよね。

 

それでは、髪の毛のほとんどがケラチンで出来ていることから、ケラチンを食べ物から多く摂取すればいいのかということになると思います。

 

さきほども言ったようにケラチンは、18種類のアミノ酸でできているので、アミノ酸が食事面から摂取することが
健康的な髪の毛を作り出すことのポイントになるんです。
またケラチンの中には人間が体の中では生成されない必須アミノ酸も含まれているので、食事面というのはとても重要になってくるんです。

 

たんぱく質の多い食べ物から体の中で分解していく過程でアミノ酸を作り出すことが重要になります。

 

・・・なんか遠回りをしている気がしませんか?

 

たんぱく質は食べ物から摂取しても、そのままの形で体の中で使うことができないんです。
まずはアミノ酸に分解してから、様々なたんぱく質へと結合させなくてはならないんです!

 

人間の体に必要なたんぱく質とは細かく分類すると約10万種類もあるといわれているんです!
そういったものを体の中で必要な形で合成し、体の細部まで届けるとても神秘的だけれど、すごい構造に人は生まれているんですね。

 

なので、タンパク質を分解し、アミノ酸に変える際に必要になってくるのはビタミンBになります。
その上、分解したアミノ酸を結合させる際に必要になるのが亜鉛

 

つまり、髪の毛に有効な栄養のある食べ物を摂取しようと思ったら、
たんぱく質が多く含まれており、ビタミンBや亜鉛も含まれているものが当てはまってくるんですね。

 

もちろんこれらは一つの食材で補おうとせずに、トータルで摂取するほうが、ほかにも様々な栄養を摂取することにもつながるので
バランスのいい食事というのは、ここでも大事になってくるんです。

 

 

髪の毛に有効な食材とは

では具体的にどういった食生活を送れば、抜け毛や薄毛に効果のある栄養を効率的に摂取することができるのでしょうか。

 

先ほどの説明でもあったように、必須アミノ酸を多く含み、ビタミンB群、亜鉛を中心に考えるのですが、それだけではバランスのよい食事にはなりにくいので、
トータルで考えていくことが不可欠になります。

 

必須アミノ酸を多く含む食材としては納豆やや豆腐などの大豆製品の植物性たんぱく質を中心に。肉や魚などの動物性たんぱく質は、
アミノ酸も多く含むのですが、内臓に負担をかけやすいのでほどほどにしていきましょう。

 

ビタミンB群はやはり緑黄色野菜を中心になるべく多く摂取するように心がけていきましょう。
現代の野菜不足で頭皮にも影響を与えていることも考慮しなくてはなりません。

 

そして生ガキやチーズ、煮干しやレバーなどには亜鉛が豊富に含まれているので、これらも意識していきましょう。