女性の薄毛にはどんな原因がある?

女性にとって薄毛というものはとても深刻な悩みなんです。

 

なんだか地肌が目立ち始めたな・・・
分け目が頭皮がこんなに見えたっけ?

 

自分で気が付いたならまだましかもしれませんが、友達に言われて気が付いたなどですと、ショックはとても大きいものなんです。

 

女性の薄毛には男性とは違った原因があると言われています。
男性用の育毛剤を使っても、効果が出ないと言われているのは、こういった理由があるんです。

 

また今までは女性の薄毛というものは、更年期以降の症状だからしょうがないというイメージが強くあると思います。
しかし、最近では若い女性の薄毛の問題も増えてきているんですよ!

 

では、女性の薄毛の原因とはどういったものがあるのかを見ていきましょう。

 

加齢による薄毛

お肌の状態もやはり若いころとは違い、老化による影響を受けるため、頭皮も同じ皮膚である以上年齢を重ねた影響はどうしても受けてしまいます。
女性は老化によって、女性ホルモンの分泌が徐々に減っていき、男性ホルモンの働きが強まるために、抜け毛や薄毛につながることが起こりえます。
女性には誰にでも男性ホルモンは持っているのですが、それよりも女性ホルモンが機能しているために薄毛などにはなかなかつながりにくいと言われています。
しかし、その女性ホルモンの減少があると男性ホルモンがより機能し始めてくるんですね。

 

栄養不足による薄毛

食事による栄養は大事だと、つねに言われていますよね。しかし、その栄養が不足して起こる影響は様々なものに与えていきます。
その一つに薄毛や抜け毛もあげられるんですね。
たんぱく質、亜鉛、ビタミン類、イソフラボンなど、髪の毛や頭皮に必要な栄養はたくさんあります。
どれか一つを長期間不足していると悪影響が後々に出てきてもおかしくないのです。

 

女性ホルモンの乱れ

女性の髪の悩みで一番特殊なのがこれだと思います。
女性は産後や睡眠不足、生活習慣の乱れなど、女性ホルモンが乱れることが最近ではとても多くなっているのです。

 

ストレスを受けやすい社会になっていたり、食生活の変化や仕事場での環境、様々な影響を受けやすい現代において
女性ホルモンの量が変化して、体の中でティースプーン1杯分しかないと言われている女性ホルモンが乱れてくるんですね。
これが大きな薄毛の原因になっているんです。

 

若い女性に急増?若年性脱毛症

若い世代の女性に急増していると言われているものに若年性脱毛症というものがあります。
若年性脱毛症という響きからして病気ではという印象があるかもしれませんね。
まずは若年性脱毛症というものがどういったものなのか見ていきましょう。

 

若年背脱毛症とは

通常の抜け毛や薄毛というものは、毛母細胞が老化したり、ダメージを負って起こるのですが
若年性脱毛症というのは、ヘアサイクルがしっかりと機能していないことが原因とされています。

 

通常は髪の毛というのは、ヘアサイクルによって抜けては、生えてを繰り返していきます。
ヘアサイクルの循環がうまくいっていない場合、抜ける時期ではない髪の毛が抜けたり、成長期の髪の毛に栄養が行き届かずに毛が細くなったりします。
それらがまとまって、毛根から生えてくる髪の毛の本数が減ったりするので、全体的に見て、髪の毛はあるような外見なのに
ボリュームが減ったりとするんです。