髪の毛や頭皮にNG行為あなたはやっていませんか?

つやつやで天使の輪があるような髪の毛ってあこがれませんか?
ヘアケア商品も多くのメーカーから様々なものが発売されています。

 

その需要を考えると、誰もが髪の毛をキレイにしたいと考えているはず。
その反面、パサパサしていて乾燥している状態の髪の毛は、女性の魅力を半減させてしまいます。

 

しかし無意識のうちに自分で頭皮や髪の毛の乾燥状態を招いていることも、日常の生活の中であることをご存知でしょうか。

 

ついついやっているという方は要注意ですよ!

 

白髪を抜いている

白髪はとても目立つので抜いているという方も多いでしょう。しかし、白髪を見つけては抜くという事が頭皮にダメージを与えて、
次に生えてくる髪の毛を細くさせたり、よわよわしい状態へとさせる可能性があることを知っていますか?

 

目立った白髪を一本だけ抜くとき、私もそうだったのですが、抜いたときのなんともいえない気持ちよさ(笑)
実はダメージを与えているんですね!注意したいところです。
ではどうしたらいいのでしょうか。
専門家の方は白髪を見つけた時は根元の方で切ることが一番いいと言われていました。

 

トリートメントのすすぎ残し

トリートメントは傷んだ髪の毛を補修してくれたり、髪の毛にうるおいを与えると、ついついうるおい欲しさで洗い残していませんか?
洗い残しのトリートメントは、頭皮や首や背中に流れて肌トラブルの原因となってしまいます。

 

肌に炎症を起こしたり、ニキビの素になることがあり、結果として髪の毛に対してもよくないんです。

 

シャンプーの2度洗い

汚れがたくさんついている気がしたり、頭皮に汗をたくさんかいた日は髪の毛を洗う時に2度洗いをしていませんか?
シャンプーの泡立ちがよくないとか、よごれがたくさん落ちるからと思って2度洗いをする方は多くおられるのですが、実は2度洗いも頭皮に乾燥状態を引き起こしかねません。

 

泡がたくさん立つから洗う時に気持ちがいいかもしれませんが、2度洗いをすると頭皮の必要な油分まで洗い流してしまい、
かえって頭皮の乾燥をまねき、フケや頭皮トラブルの原因となるんです。
頭皮も通常の皮膚と同じように常在菌が存在します。
シャンプーの銘柄によっては、保護膜を作り出してくれる常在菌まで洗い流してしまうものまであるんです。
またやさしい成分のシャンプーでも2度洗いをしてしまうと常在菌も一緒に流している場合があります。

 

なんでも適度が一番といわれていますが、やりすぎてはいいことはないんですね。